HOME> タッカーロッキー社エディが語る「ハーレーダビッドソン ニュース&コラム」

タッカーロッキー社エディが語る「ハーレーダビッドソン ニュース&コラム」

タッカーロッキー社エディが語る「ハーレーダビッドソン ニュース&コラム」
あの日のチョッパームーブメント。

2012年も残り後数日。センチメンタルに昔を振り返ってみます。

丁度、私が渡米した2000年頃からアメリカで起こったチョッパームーブメント。

にわかに活気付くV-Twin業界に皆商機を感じていました。メディアもこぞってチョッパーを取り上げ、ケーブルテレビでも多くのバイク番組が放送されました。
その中でも有名なのがカスタムバイクビルダーが一定期間内でカスタムバイク組み立て、デザインで対決する『バイカービルドオフ』、カスタムビルダー親子の確執をメインに取り上げた『アメリカンチョッパー』、ジェシージェームスを一躍時代の寵児にした『モーターサイクルマニア』等々。

それに合わせて各地でバイクイベントも多く行われ、テレビ出演で注目を浴びたバイクビルダーは『セレブリティバイクビルダー』と呼ばれ人気を博し、各地のイベントにともてはやされました。会場ではバイクビルダーのショップTシャツが飛ぶように売れ、ジェシージェームスが作るカスタムバイクの値段に引っ張られるようにカスタムバイクの相場が底上げされ、10万ドル近くする物もマーケットにでていました。 業者のイベントもカスタムパーツを製作するメーカーが雨後タケノコの如く出てきました。海外からの業界参入も多く見られ、このチョッパーバブルは2008年頃まで続いていましたが、案の定、サブプライムローン、リーマンショックの影響もありバブルは終わります。

一気に衰退したマーケットを『本来のV-Twin業界のマーケットサイズに戻っただけだ。』と、ひとり語った業界の大先輩の言葉が感慨深い思い出です。

まさにつわものどもが夢のあとと言った感じでした。



そういえば当時『バイカービルドオフ』を日本でも撮影をしたいと番組プロデューサーに相談を受けた事もありましたが、カスタムバイクに対して『違法改造車』で処理されてしまう法律では厳しいと返答した覚えがあります。


ハーレー商品はこちらからご購入いただけます。
≫【エディ運営ブログ】ワールドモーターサイクルニュース
http://www.worldmcnews.com/

タッカーロッキー社エディが語る「ハーレーダビッドソン ニュース&コラム」








  • facebook

最近見た商品

最近見た商品がありません。 履歴を残す場合は、"履歴を残す"をクリックしてください。